みんなのPython 改訂版

久しぶりに技術書を読んだ気がするな。
昨年のRubyに続いて、今年はPython。
節操が無いなと思いつつも、心が赴くままに勉強する方がいろいろと良いんじゃないかと思う。
何よりもモチベーションが赴くままに。

2ヶ月前ぐらいにTwitMailBoxというサービスをPythonで作ったんだけど、一応動いてはいるけど、「ちゃんとコードが書けていない」&「なんだか良くわかっていないので気持ちが悪い」という気がして、Pythonを体型的に学ぶ為に本を読むことにした。

Amazonのレビューでは結構酷評もあったりしたんだけど、Pythonの入門書ってあまり無くて、いきなりオライリー本っていうレベルでも無いと思うので、事実上の定番本となっているこの本を読んでみた。

結論的には「読んで良かった」って思う。
ベストではないだろうけど、現状ではベターな本の一つじゃないかな。

こういう入門書の本って、書かれている内容の一貫したレベルの統一感って凄く大事だと思うんだけど、この本はそこがあまりスムーズに出来ていない。
いきなり「プログラムとは~」って話していたかと思えば、始めて見る関数なんかがポンポン出てくるのには、ちょっと困ったりもした。

けど、この本を読めばある程度全貌は掴めると思うし、多少は掴めたんじゃないかな。
最低限オンライン上にあるマニュアルは読める程度にはなるんじゃないかなと思う。

おぼろげだったPythonの印象もはっきりとしてきて、やっぱRubyよりもカッチリしている印象。
Python3になって、よりそれが顕著になっているんじゃないかな。
そして、Pythonなんか使っているとPHPのゆるゆる具合が不安になってくるのも確か。

んー、やっぱ多言語勉強するのは良いことだね。
懐が深くなる気がする。
これからはPythonの勉強会にも参加していきたいな。