入門Git

同じ名前の「入門git」と悩んだけど、こちらの方が詳しいらしいので、選んでみた。
それがいかんかったのかもしれないが・・・。

恥を忍んで正直に思ったことを簡単に書いてみる。

  • 凄く丁寧に解説してくれている、さすが日本人のプロジェクトリーダー。
  • Gitの内部のアルゴリズムまで説明してくれている
  • 途中までは楽しかった
  • 途中から難しくなってきた
  • 最後の方は流すように読んでしまった
  • 眠い、とにかく眠い・・・

もう何って言ったらいいんだろ。
複数メンバーによる開発経験が乏しくて、実感できないので、想定しているケースに対してのめり込んで読むことが出来なかったのか、「こういう場合は、こうしましょう」って説明の連続で、ケースを把握するのが大変だったのか、後半は非常に読むスピードが落ちてしまった。 ケースやシチュエーションを追うことを若干放棄してしまったが、なんとか最後までたどり着いた。
(だって、頑張って追ったところで、すぐ忘れそうだったんだもの)

昔の会社ではチームによる開発とかしたことあったけど、バージョン管理システムいれてなかったしなあ。
その代わりファイルの更新日頼みでやってたなー。
あー、なんてアナログな・・・。

確かに歴史をちゃんと作っていくというのは大切なことだと思う。
が、必要に迫られないとちゃんとしないもので、「Viewファイルの更新」とか「CSSファイルの修正」とかで説明終わっているコミットとかあるんだよね・・・。
そりゃ駄目だけど・・・、こればっかりはどっかで痛い目みたいと駄目なのかしら。

オープンソースの開発に携われば嫌でもこういうのは身に付くんだろうけどね。
むむむ。
そんなスキルも時間もなさそうだけど・・・。

SVNもCVSもろくに使ったことがなかったので、それらとの比較はあまり出来ないけど、Gitの自由度は凄いってことだけはわかった。
使いこなすことが出来たら、どれだけ便利か。
もうバックアップのファイルを作る必要はなくなるだろうし。(まだたまに取ってしまったりする・・・)
逆にGitを使うなら、チームのメンバーがある程度Gitの使い方しらないと恩恵を受けられないってのもあって、これは結構難しいんじゃないかと思う。
この本に書かれていることぐらいは、さくっと理解できないと。

んー、このスピード感でどんどんツールを覚えていかないといけないのか?
これ覚えるの大変だよ?
それともみんな軽くわかっちゃう?
入門って書いてあるしなー。

まず、複数メンバーによる開発のワークフローをしっかり覚えてないと駄目だね。
会社やプロジェクトによって差がありそうだけど。
これもどこかで経験つむしかないな、うん。

ま、結論としてはありがちなんだけど、とっても詳しくて良い本なのは間違いないと思う。
なんだけど、ちょっと難しいかなって感じ。
ツールとしてさくっと使いたい人は、前出の入門gitの方が良いかも。
ちゃんと内部を理解して使いこなしたい人は、この本は最適なはずだ。

とりあえずGitを使う傍らにずーっとおいておこうと思う。
んで、ゆっくり必要に応じて覚えていけばいいかな。

結局買ってから1ヶ月近くかかったわ。
疲れたー。