はじめてのRuby on Rails3―「Webアプリケーション」作りに定番の「フレームワーク」を使う! (I・O BOOKS)

ざっくりとだけど週末だけで読めた。
まあ、かなり軽めの本。

以下、本の感想

  • フレームワークとは?とかなんでRubyなのか?とかの説明があってビックリする
  • かといって非プログラマー向けの本かというとそうでもなさげ
  • 大して厚くもないの3分の1も費やして各OS毎のセットアップの説明とかどうなの?
  • これを読んでも何も出来ないし、ユーザーをどこに導きたいのかも良くわからなかった

以下、Railsの感想

  • CakePHPが本当にRailsを意識して作られたことが良くわかった
  • CakePHPを触っていることによって、ディレクトリ構造とかかなり理解しやすかったのが助かる
  • とにかく、非プログラマでも使えるぐらいにまで、簡単にスッキリとしてしまおうという気概を感じる

まあ、本自体は読みやすいのは確か。
けど、この本を読んでも何も作れる様にはならないだろうし、どんな人に最適化とも言い難い、非常に中途半端な本かなと思う。

これで2000円以上は高い気がするなあ。
CD-ROMがついているけどもさ。

さくっとRailsの雰囲気を知りたい人にお勧めかな。

Railsは思っているほどゴチャゴチャしてなさそう。
(あくまで見えている部分に関しては)
けど、環境を整えるまでが面倒なのは相変わらずなのかしら。
うむむ。
まあ、習うより慣れろってことで、やってみよう。