情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

読み始めた時はどうなることかと思った。
それ程、自分にとって耳が痛い言葉が並んでいた。
後半はそれ程でもなかったのは、多分読み流すようになったからかな。
自分がこの本に書かれていることをそれ程出来ているとは到底思えないから。

技術者向けなのに技術的な話は皆無というのも、なんだか新鮮だ。
内容的には、自己啓発本なのかな?ビジネス書っぽい。

読んでいる最中に、いろんな人達の顔が浮かんだ。
特に勉強会で知り合った人達の顔が良く浮かんだのは、偶然じゃない気がする。
彼らは意識が高く、僕より早くこの本を読んでいたのか、もともと優秀なエンジニアなんだろうなあ。

特に心に残ったものを挙げてみようと思う。

(04) 一番の下手くそでいよう

上手い人に囲まれていると自然の自分の実力もアップするとかしないとか

(05) 自分の知性に投資しよう

新しい言語を学んだりしよう

(07) 万能選手になろう

いろんなことが出来る人は少ないんだから

(08) スペシャリストになろう

専門家というのは、それ以外のことを知らないということではない

(09) 自分の人生を他人任せにするな

特定のプロダクトとかに依存しないようにするべし

(12) ビジネスの仕組みを学ぶ

プログラム書くにもビジネス知らないとねっていう当たり前な話

(17) 巨人の肩の上で

既存のコードを読むことの大切さ

(21) デイリーヒット

些細な事でも毎日成果を上げるようにする

(25) 自分にどれだけの価値があるか?

文句ばかり言わず、謙虚に謙虚に

(27) 保守作業の真価を知る

リファクタリング!

(28) 8時間燃焼

定時で帰り続けても、仕事が増えなければ良い(慢性的な残業体質の改善を!)

(30) できないことは「できない」とはっきり言う

出来ると言って出来なかった場合が一番ひどいけど、はっきりいっても信頼を勝ち取れないのがもどかしい、相手次第か。

(33) 視点が違えば認識も異なる

これが出来てない人が多すぎる。

(35) オレ、作文的なのは得意っすよ

開発日誌とか付けるといいかもなあ

(39) 業界で名前を売ろう

売りたいです

(40) 自分のブランドを築こう

築きたいです

(47) 自分のロードマップを作る

自分の人生もひとつの壮大なプロジェクトなのだ

(51) ウォーターフォール式のキャリア計画はやめよう キャリア計画もアジャイル手法を取り入れるべき

結構たくさんあった・・・。
とにかく、自分が自分のことをあまりにも考えてないことにびっくりした。
仕事のプロジェクトのことや、開発手法とか、そういうことはよく考えるんだけど。
自分のことが一番面倒だし、間違えたらいけないし、いろいろ大変だから後回しにしてしまっているのもわかるんだけども。

あと、自分は情熱的なプログラマーじゃないってのもわかった。
けど冷め切っているとも思っていないし、自分の人生をよりよいものにはしたいってのはあるので、なんとか良い方向へ導けるように頑張っていきたい。
なんとかやりようはあるでしょう(あると思いたい!)

この本は定期的に読みなおしたほうが良い本だな。
エンジニアをやっている限りは。
決してテンションが上がる本ではないけども。

非常にユニークな本だし、自分のエンジニアとしての思想を持つ助けになるような本だと思う。
薄い割には内容も濃くてオススメ。