前のPCは5年前にドスパラで買ったBTOのPC。
買った時に5年は持たせようって思っててちょうど5年経ったので、今年新調することにした。

久し振りの自作PC。

右側の奴が今回自作したPC。
左の奴が今まで頑張ってくれていたドスパラのPC。
とりあえずでかい。

自作PC

今回は久しぶりに自作してみた。 自作なんて10年近く前にやったっきりだったんだけど、そんなに悩むことなく組み上げることが出来たのには時代の進化を感じたわ。
やっぱ楽になっていると思う。

なんで自作したのかは自分でも良くわからん。
以前のようにどこかのBTOパソコンの方が安いだろうし楽なんだけど、気に入ったPCケースを買って、ちょいちょい手を加えていくのもなんだか良いかなと思って。
以前は、どうせ何も手を加えないから、メーカー品買っても一緒だろうって思ってたのに。
より自分のやることがわかってきて、お金をかけたいところが明確になったのかもしれん。

スペック

  • PCケース »> Three Hundred Two
  • 電源ユニット »> 玄人志向 KRPW-SS600W/85+
  • CPU »> Intel Celeron G540 Box
  • マザーボード »> ASUSTek P8H77-V
  • メモリ »> CFD W3U1600HQ-4G DDR3 PC3-12800 CL9 4GB * 4
  • SSD »> Intel 330 Series SSDSC2CT120A3K5
  • HDD »> SEAGATE ST3000DM001
  • ブルーレイドライブ »> Pioneer BDR-207DBK

基本的には価格コムで上位ランクしている商品から選定。
PCケースはあんまり人気無いかもだけど、USB3.0が使えて見た目も長く使えそうな奴をチョイス。
僕はやたら青い光を出すのも嫌だし、密封しちゃって熱くなりそうなのも嫌だしってことで、これに落ち着いた。
CPUはCeleronが安かったのでケチった。
どうしても遅く感じたら、Core iシリーズに変えれば良いし。
多分そんなにパワー要らない気がしたし。
チップセット次第だけど、パワーアップ出来る余力があるというのが何となく良いかなと思って。
その代わりストレージにはSSDを導入してみた、体感でかなり変わるらしいから。
もう、耐久性も良いらしいしね。
電源ユニットは初めて買ったんだけど、何かっていいのかよくわからなかったので、価格コムを参考に購入。
今のところは不満なし。

OS

とりあえずWindowsを買うのは辞めた。
仕事ではLinuxを使っているし(CUIでだけど)、LinuxやBSDを普段使いしている人が会社にチラホラいる環境も大きいのかも。
あと、ライセンスとか気にする必要がなく、とにかく自由なのが気持ちが良い。
Windowsは使いてーってなった時に買えば良いかなと思ってる。
ひとまずDebianのsidを入れたけど、Ubuntuも使ってみるかも。

まあ、そんな感じで今のところ概ね良好です。
とにかく久しぶりの自作だったのに、本とか買わずになんとなくで組立て動いてくれて良かった。
当分は初めてのLinuxデスクトップということで、いろいろセッティングに追われると思うので、それの内容もブログに書いていければいいかなと思っている。