Debian Squeezeで提供されるScreenだと、Ambiguous width問題とかCJKパッチとか色々言われている例の全角の記号がずれる奴が解決しないので、既に問題解消済みと言われる開発版をインストールした。

$ cd ~/local
$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git screen
$ cd screen/src
$ ./autogen.sh
$ sudo apt-get install autoconf2.64
$ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-colors256
$ make
$ make install

こういった類は個人的に使うもんだからhomeディレクトリ以下に入れるようにしているんだけど、気に入らなかったら–prefixオプション外せばいけると思う。

多少動作は重くなった気がするけど、ズレなくなったのですごく快適!