ぶっちゃけCakePHPのドキュメントをローカルでみたいという為に環境を構築したいなと思ったので、以下の要点を押させられる方法を探した。

  • Sphinxが動く
  • PhpDomain for sphinxという拡張インストールする
  • 上記を綺麗にインストールしたい(全てパッケージとかで)

pythonbrewを利用してみる

色々見てみてpythonbrewが便利そうなので、それを使ってインストール。
何が良いってhomeディレクトリ以下に全てが完結するのが良い!

必要なパッケージをもろもろインストール

cd ~/tmp
sudo apt-get install build-essential ssh python curl zlib1g-dev

pythonbrewのインストール

wget http://github.com/utahta/pythonbrew/raw/master/pythonbrew-install --no-check-certificate
chmod +x pythonbrew-install
./pythonbrew-install
echo "source $HOME/.pythonbrew/etc/bashrc" >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

pythonをインストール

とりあえず2.7.2をインストールしてみる。

pythonbrew install 2.7.2 --force
pythonbrew switch 2.7.2

virtualenvを利用して仮想環境を作成

pip install virtualenv virtualenvwrapper
echo "source $HOME/.pythonbrew/pythons/Python-2.7.2/bin/virtualenvwrapper.sh" >> ~/.bashrc
mkdir ~/.virtualenvs
mkvirtualenv 2.7.2

まとめ

やっていることは多分

  • pythonのいろんなパッケージをインストールしたり管理できるのがpythonbrew
  • インストールされているパッケージの中から、仮想環境を作ってゴニョゴニョする為のものがvirtualenv
  • 仮想環境は別にバージョン毎に区切る必要がない(同じバージョンで用途によってたくさん作っても良い)

って感じなんだろうな。
rbenvっぽね。

超参考サイト

Python 環境構築 At Debian Squeeze - yono05の日記