UNIXという考え方―その設計思想と哲学

とにかく凄く面白かった。
Unixカッコいいわー、半端ないわ―。
ということで、この本を読んで依頼、小さなシェルスクリプトを無性に作りたくなって、ちょこちょこ作ってる。

僕が一番びっくりしたのは、この本が10年以上も前に書かれていることだ。
今、アジャイルとか騒がれているけど、全く同じようなことがここに書かれているんだよね。
それって凄いことだと思う。

思ったこと感じたこと

  • シンプルとか小さくとか最高!
  • 梃子の原理大切
  • 移植性が大事、最適化なんて時代がなんとかしてくれる
  • 「対話的プログラム」はあまり良くない
  • 人間よりも他のプログラムに優しく作る
  • 自分だけの道具箱を自分も持ち歩きたい(小さな自作シェルスクリプト達)
  • MHは理想的
  • X Windowはクソ

僕はUnix開発者じゃないけども、この本に書かれていることには概ね同意する。
そう考えると、自分が普段使いにもLinuxを使い始めているのも、無意識にその考え方に共感したからかもしれない。
まあ、LinuxはUnixかというとアレなんだけど(難しいことは良くわからない)

ボリュームも少なく、ささーっと読めてしまうので、普段Unixに触れているけども、いまいち仲良く出来てない感じがしている人にはオススメかな。
これ読むとUnix/Linux触りたくなると思うんで。

スキルが上がるとか、明日から何かに使えるとか、そういう類の本ではないけども、振り返ってみれば人生の転機になっていたような本。
そんな種類の本だと思う。