今まで出先ではWi-Fiで繋げたりしていたんだけど、iPhoneさんの電池の減りが結構激しい。
確かBluetooth経由の方が電池の減りが少ないとかって聞いたので、Debian Wheezyでやってみることにした。
まあ、枯れた技術だろうから簡単にGUIで出来るだろうと思いきや結構ハマったのでメモ。

Bluemanのインストール

Bluetooth周りをGUIで管理できるツール。
GnomeとかKDEだと専用のソフトがあるっぽいけど、自分はXfceを使っているので、素直にこいつをインストール。

sudo apt-get install blueman

iPhone側の設定

  • インターネット共有をオン
  • Bluetoothをオン

Blueman側の設定

検索すると自分のiPhoneが見つかると思うんで、そいつと接続。
この辺はポチポチ押してればなんとかなる。

Bluemanのプラグイン設定

下記プラグインを有効にするとちゃんと動かない気がするので外す。

  • NMDUNSUpport

dhclientの再起動

sudo dhclient bnep0

これで無事動くはず。
最後のdhclientだけコマンドで入力ってどうなの?って感じなんだけど、多分BluemanのプラグインでDhcpClientって奴があるんで、本来ならそいつが宜しくやってくれるはずな気がする。
パッケージが古いからちゃんと動いてくれないのかなあ・・・。

とりあえず、そんなにBluetoothを使う機会もあんまりないと思うんで、これで十分かな。
本当に電池の減りが少ないかは、長時間使う機会があったら試してみたいと思う。