インターネット回線を見直すことにした。
今までは「コミュファ光」を使っていたんだけど、今後は「スターキャット」を利用することにした。
インターネット回線界隈でケーブルテレビってどちらかというと下火な感じがするんだけども、実際に乗り換えてみて個人的にはぼちぼち満足しているので、ちらっと感想でも書いてみたいと思う。

以下満足している点。

コスト

ランニングコストとしては、「120M 2年約束コース」で月額3500円(税抜)。
別途プロバイダと契約する必要もないので、この値段のみでOK。
上りの速度を知ってしまった後だと、値段の割にはスピードが出ない感じがしないでもない。
3000円だったら、かなりの競争力だと思うけどな・・・。

あと2年縛りといっても、2年毎に再契約という形ではなく、2年後以降はいつでも違約金無しで解約OKという形態なので、とてもありがたい。
解約手数料で3000円(税抜)取られるけど、他のサービスと比較しても良心的な範囲じゃないかなと思う。
コミュファ光だと解約のタイミングを間違えると色々お金取られる感じだし、フレッツ光も違約金無しでの解約は非常にタイミングがシビアなんだよね。

インターネット回線の品質

自分が住んでいる地域だと、昼間なら下りが約50Mbps以上、上りが5Mbps以上は平均的に出ている。
22時とか比較的混み合ってそうな時間帯でも、下りが約20Mbps、上りが3Mbps程度は出ている気がする。
コミュファ光を使っていた時は、100Mbpsのプランで上りは15~20Mbps出てたみたいなんだけど、普通にネットサーフィンする際には特に違いは感じない。
まあ、人によっては下りでも1Mbps出てない人もいるみたいなんで、自分はラッキーだったのかも。

上りが遅いと、Dropboxとかストレージ系で同期する時は多少遅くなるだろうけど、そんぐらいだろうか。
といっても、さすがに1Mbpsぐらいは出て欲しいとは思っていたので、この数値には満足してる。
この速さを保ってくれれば良いんだけど。

回線速度に関しての注意点(2014/10/27追記)

上りの回線が異様に遅いと評判だけど、もしかしたらポートによる速度制限に引っかかっている可能性がある。
自分も借りているレンタルサーバのsshのポート番号と異なるものに設定していた影響で、めちゃくちゃ速度が遅くて焦ったことがあった。
もし回線速度を測定するサイトよりも実際の速度が著しく乖離していると感じているなら、一度問い合わせみると良いと思う。
まあ、そういう情報は事前に公開してよって感じなんだけど。

電話サービス

スターキャットの電話サービスは他社と比較して高かった(税抜で1330円)ので、利用しないことにした。
けど、何かと固定電話があると助かるかなと思い、VoIPアダプタを購入して他社のIP電話サービスを使えるように設定した
上りの速度が遅いということで音質に不安があったけど、それ程悪くもなく実用に耐えられるレベルだと思う。

テレビサービス

折角ケーブルテレビのサービスなので、色々な番組が観たい!って思っていたんだけど、インターネットサービスと併用するからといって、とてもお得に利用できるというわけでも無さそうなので、諦めることにした。
けど、地デジ放送だけは既に無料で配信されていたので、それは継続することに。
2015年の3月以降は有料(税抜き700円)になってしまうらしいけど、また引っ越す可能性も高いのでとりあえずはこのままで行く予定。
引っ越さない様だったら、ケーブルテレビの回線でわざわざ地デジを見るメリットって殆ど無いと思うんで、アンテナを自分で立てたほうが良い思う。

また、地デジについては前の住人から、

「ブースターを利用しないと地デジが観れない!」

と聞いていたので、ちゃんと映るか不安だった。

最初それを聞いた時「ケーブル回線なのになんでだ?!」って思って、営業さんに噛み付いたら

「うちが保証しているのは建物の外までで、それより先の屋内配線に問題がある場合が多いですね。」

とのこと。
特に古い家とかは配線の劣化や地デジの規格にそぐわないコードが使われていたりするらしい。
我が家は築30年以上なので、まあ、仕方ないかな・・・と色々覚悟していたんだけど、結局インターネット回線の工事の際に、ブースターっぽいものを新たに取り付けてもらえた為、地デジの電波は非常に良好になった!
ありがたやありがたや。

まとめ

ということで、上り回線の遅さを除いたら比較的満足度の高いサービスだと思う。
オンラインゲームをガンガンやる人とかは微妙らしいけど、遅くてもある程度の速度で繋がれば良いって人には、良い選択肢の1つじゃなかろうか。