今までこのブログは「Octopress」で生成していたけど、「Jekyll」で生成出来る様に作り替えた。
Octopress自体Jekyllをベースにしているので、ちょっと先祖返りした感じ。

移行した理由

  • Octopressのカスタマイズは基本的にOctopressのソースを上書きしていく感じなのが気持ち悪い
  • Octopress自体の更新を追う為には、git-rebaseする必要がある(コンフリクトが発生しがち)
  • Jekyllの機能なのかOctopressの独自機能なのか良くわからないので、調べ物をするときに困る
  • Jekyll自体がバージョンアップが進んでいて、Octopressを利用しなくても作り易くなっている気がした

移行過程

記事の移行は基本的にはコピペで終了。
ただ、Octopress独自のタグを利用していたりする場合、build時にエラーになるから、その都度直す感じ。
OctopressからPluginを持ってきても良いんだけど、個人的にはシンプルにしたかったので記事の方を直した。

Octopressでは自動生成されたカテゴリ別ページが自動生成されないけど、公式サイトのPluginページでサンプルとして作り方が載っているので、参考にしながら作成すれば簡単に出来た。

デザインテンプレートはOctopressのもので満足していたんだけど、簡単に移行できなさそうだったので、イチから作りなおした。
ここが一番時間かかった・・・。
ちなみに「Pure」というCSS Frameworkがシンプルそうだったんで使ってみたんだけど、テーマやサンプルも少なく自分で書く部分が多くて少し時間がかかった。

感想

Octopressが貧弱なJekyllの機能をかなり補填していたんだなと実感。
特にnew_postコマンドは、 Jekyllにも実装されたらいいな(なんかdraftってサブコマンドが議論されているし)。

けど、Jekyllのみで構成されるようになった分、かなり見通しが良くなったのは確か。
あとbuildが早くなった気がするのは、プラグインの数が激減したからかな。

個人的には、Jekyllのコードを一切触ること無く、カスタマイズ出来るのは気持ちが良いし、実際メンテナンス性が上がったと思う。
Jekyllのことが勉強になったし、時間はかかったけどやって良かったかなと思う。

シンプルなのが一番だね。