はじめに

先日買ったX220用に互換バッテリーを購入した。
購入時の金額は5,390円。

【増量】 GlobalSmart IBM アイビーエム Lenovo レノボ ThinkPad X220 Series ThinkPad X220i Series ThinkPad X220s 用 6セル 高性能 ノートパソコン互換バッテリー

純正バッテリー(6,998円)が売っているにもかかわらず互換バッテリーを買った理由は、単純に値段と好奇心だ。
消耗品なのだから出来るだけ安い方が助かるし、互換バッテリーが問題なく使えるようなら次回交換時にも選択肢に入れたいので。

Amazonでは以下のWorld Plusのバッテリー(4,390円)の方が安かったしレビューもいくつかあって安心だったんだけど、重さと容量がGlobalSmartの方が良い気がしたので、GlobalSmartにしてみた。

WorldPlus バッテリー LENOVO ThinkPad X230 X230i X220 X220i X220s 対応 6セル

スペック

項目 重さ 稼働時間
X220 1178g -
純正4セル 189g 1時間程度
互換6セル 307g 2時間半程度

数字上は100gちょっとなんだけど、体感的にはだいぶ違う感じがした。
やはり4セルはかなり軽く感じる。
当たり前だけど動作は特に問題なく、1年間の動作保証があるのもありがたい。

見た目

A post shared by longkey1 (@longkey1) on

見た目は明らかに純正4セルに軍配が上がる。
セル増加分が下に飛び出すので、キーボードの高さが少し変わる。
個人的には若干傾斜があった方が打ちやすかったりするので、特に大きな問題はなし。
あとグリップ感が結構あるので、6セルを装着したほうが安定感が増したかな。

不具合と交換(2018/04/21追記)

購入してから10ヶ月程度で、以下のような症状が発生した。

  • 数分前までバッテリーが90%以上だったのに、突然バッテリーの残量が少ないとアラートが表示される
  • 急いで充電を始めてみると、数分で満充電表示になり充電が終了
  • しばらく充電を辞めた状態で利用していると、再びバッテリー残量が少ないとアラート
  • 計測が間違っているだけかなと思って、そのまま利用しているとOSごと突然落ちて終了

まだ購入してから1年以内だったので、購入した店舗にAmazonから問い合わせしてみた。
すると以下のようなことを試してほしいと返信があった。

  1. 電源コンセントやACアダプタの接続を確認する
    • 電源コンセントやACアダプタが、正しく接続されていることを確認してください。
    • バッテリではなく、パソコンのバッテリ接続部などパソコン側かACアダプタの劣化などが原因で、PCに充電しますが、バッテリーに充電ができなくなっている可能性もあります。
    • 電源が正常にパソコンに供給されている状態で充電できない場合は、以下を確認してください。
  2. バッテリの接続を確認する
    • バッテリパックと本体の接触不良が原因で、充電ができない場合があります。
    • バッテリパックが取り外せる機種の場合は、数回取り外しと取り付けを行い、改善するかを確認してください。
  3. 放電を行う
    • パソコンに不要な電気が帯電していると、正常に動作しない場合があります。
    • 帯電している電気を放出し、バッテリが充電できるかを確認してください。

一応一通り試してみたところ、特に改善がみられなかったので、結局新品と交換してもらった。

これらのやり取りも、こちらの操作を疑うというより真摯に対応してもらえて、とても助かった。

おわりに

ざっと調べただけでも、純正とサードパーティ製で3つ選択肢があるのはやっぱり素晴らしいなと思う。
長く使えると良いな。

(2018/04/21追記) 長く使いたいと思っていたけども、1年以内で不具合が発生してしまったのは残念だった。

充電回数は

500回以上の充電可能

と書いてあるので、1日1回以上充電していれば、1〜2年程度で使えなくなるかもしれないってことであれば、ある程度消耗品として割り切ったほうが良いんだろうね。
出来ることとしたら、電源が使える時は、積極的に使うようにするべきってことかな。