はじめに

以前、zgenで管理していたんだけど、速度面が改善されたと聞いてantigenに乗り換えてみた。
というか、結構前に乗り換えていたのでメモ。

導入

インストール

自分は任意の場所にgit-cloneしただけ。

$ git clone https://github.com/zsh-users/antigen.git ${ZDOTDIR}/antigen

.zshrc

ファイルの先頭にこれを書く。

[[ -f ${ZDOTDIR}/zshrc.antigen ]] && source ${ZDOTDIR}/zshrc.antigen

プラグインマネージャーを他のに変更したいときも、ここを変更すれば良いだけにしとく。

zshrc.antigen

antigen自体の設定はこんな感じ。

if [[ -f "${ZDOTDIR}/antigen/antigen.zsh" ]]; then
  # set adotdir
  export ADOTDIR=${ZDOTDIR}/antigen

  # load antigen.zsh
  source ${ZDOTDIR}/antigen/antigen.zsh

  # load the oh-my-zsh's library.
  antigen use oh-my-zsh

  # bundles from the default repo (robbyrussell's oh-my-zsh).
  #antigen bundle git

  # bundles from other than oh-my-zsh
  antigen bundle zsh-users/zsh-completions
  antigen bundle zsh-users/zsh-history-substring-search
  antigen bundle zsh-users/zsh-syntax-highlighting

  # Load the theme.
  antigen theme fishy

  # Tell antigen that you're done.
  antigen apply
fi

ADOTDIR は設定しておかないと、 $HOME/.antigen にダウンロードしたプラグインなどが保存してしまう。
antigen本体と同居させてしまって良いのかと少し不安になったけど、 antigen直下の .gitignore に同居させた場合を想定した設定があったので、問題なさそう。
アンインストールしたくなった時に、一つのディレクトリを消すだけで良いのは、やはりお手軽で良い。

あとは、 oh-my-zsh いれたりテーマ指定したりとかもろもろ。
次回起動時に勝手に各プラグインなどがダウンロードされる。

おわりに

そもそもプラグインマネージャーがいらないぐらいのライトユーザーなんだけど、テーマは気軽に利用したいので使っている感じ。
zgenと比較すると、zgenは定期的にアップデートチェックが走っていた気がしたけど、antigenは基本何もしない。
全体期に使用感が変わらないので、それならzsh-usersのツールの方が良いかなということで、当面はantigenを使っていくつもり。