はじめに

Value-Domainのnetドメインの更新料が、いつの間にかGoogle Domainsよりも高くなっていたので、移管することにした。
安いは正義。

Google Domains

別にGoogle Domainsじゃなくても良かったのだが、以下の点から選定した。

  • 今のValue-Domainよりも値段が安い
  • DDNSが簡単に利用できる
  • URLのリダイレクト機能あり
  • コントロールパネルが使いやすそう
  • 現在のDNSレコードを簡単に移行できそう
  • whois情報の代行も可

移管作業

主な流れは以下の通り

  • Value-Domainでwhois情報を確認し、代行してもらっているならそれを解除する
  • ドメインのロックを解除
  • DNSレコードの情報を手元に保存
  • Google Domains側で移行手続き開始
    • DNSレコードの自動移行が全く足りていないので、自分である程度追加する
  • Value-Domainから確認メールが届くので承認手続きをする
  • Google Domainsからも確認メールが届くので承認手続きをする
  • 完了

DNSレコードの移行が一番手間取った。

Google Domainsの使用感

  • DDNSはddclientで簡単に設定出来て良い
  • コントロールパネルはとても使いやすい
    • 無駄に更新を即すようなUIではない
  • DNSレコードの自動移行は当てにならず
    • 特にCNAMEは全部自分で移行した
  • URLの転送も簡単に出来た
    • SSLまで自動に用意してくれて親切

おわりに

特に難しいということもなくサクッと終わった。
それだけよく出来ているってことなんだ思う。
なんだかんだ長い間Value-Domainを利用していたけども、まさか値段でGoogleに負ける時代が来るとは思わなかったな。